ゴッホ展

春日 004

国立新美術館で開催中のゴッホ展に行ってきました
さすがゴッホ 人気があります
とっても混雑してました
500円で音声ガイドを借りて
見て回りました
27歳から絵を描き始め
37歳でピストル自殺
画家活動は10年間
売れた絵は一枚のみ
弟の援助で絵を描いていました
ミレーの絵を模写したり 浮世絵を収集したり
絵を描くことに没頭しすぎた10年だったのです
描き方が変わっていくのがよくわかる展示でした
音声ガイドの声は安住紳一郎さん
聞きやすい声です
私の一番気に入った絵は「サン=レミの療養院の庭」です
晩年 精神を病んで療養していた場所です
絵はがきを買ってきましたが
ゴッホの厚みのある絵は
輝いているのです
絵はがきでは表現できない感じです
本物は凄い!!
スポンサーサイト