国宝を観てきました

三井記念美術館で国宝「卯花墻」を観てきました
解説は垣根に咲く卯の花 箆(へら)使いよって形成された力強い姿

先日 行った智美術館の解説書にも卯花墻の口造りの巧妙さが素晴らしいと
取りあげられていました
ちょうど観る機会があって嬉しい
解説書には国宝 光悦作の「不二山」の高台が素晴らしいとも載っている
これもいつか観てみたい

三井記念美術館では他にも瀬戸黒・志野・貴瀬戸・織部を観ることができます
織部には
織部黒(真っ黒)
黒織部(黒と白)
総織部(緑)
青織部(緑と長石秞色)
鳴海織部(赤土と白土を一緒に使う)
こんなに種類があるのね
私達がよく見かけるのは総織部ですね

今回は桃山時代の名品を見せていただきました

帰りに三越の地下へ

パン 020

緑寿庵の焼き栗金平糖を購入
香りも味も栗です
容器も可愛い
3つぶで満足
大事に食べよう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)