雲蝶を観てきました 3

雲蝶13

大湯温泉の朝の景色
紅葉はまだまだですが
山が綺麗です
昨日同様に二日目も変わりやすい天気みたい
自称 晴れ女の私
昨日は室内にいるときはザーザー降り
外にでると
傘いらず・・・と 晴れ女を貫いております

雲蝶 082

魚沼産の美味しいご飯がなによりのご馳走です
美味しい料理をありがとうございます
9時には出発

道の駅「深雪の里」へ

雲蝶 085

魚沼で飼育された豚と野菜で作られているソーセージ
行者ニンニクとタケノコ入りを食べました
歯ごたえのあるものをソーセージに入れると
なかなか美味しい♪
我が家でも今度 試してみよう

永林寺へ
ここのお寺は雲蝶が関わって造ったお寺です
残念 撮影は禁止です
凄いので ゆっくり見学しました
欄間・座像・灯籠台・板絵・書院障子など25品目をチェック

雲蝶が亡くなる2年前に目を入れた
天の邪鬼の香炉台
この上の灰をなめるとツキがつくと
博打打ちが押し寄せたそうです
わたしもペロリ
う~苦い
これでツキをゲット

瑪瑙で彫った カエルと牛は
牛をなでてからカエルをなでる
儲(モウ)かって帰る(カエル)とのこと

雲蝶さんはお酒好き
でも仕事はしっかり手を抜かず造っています
手が小さかったので細部まで彫ることができたそうです
欄間の両面彫り
天女の背中は色気を感じます
越後で美味しいお酒を味わいながら
いきいきと制作活動をされたのでしょう
明治16年 70歳で亡くなっています
明治まで生きているの・・と知ると
なんだか最近の方だったのねと感じます

その後
林興庵へ向かい
途中 道の駅「あぐりの里」に寄り道

雲蝶 087

これは あぐり汁100円
なんて安い!!

雲蝶 088

鮎の塩焼きは500円
頭からガブリ
美味しかった

残念なことに林興庵はお留守で観ることができませんでした

雲蝶 090

浦佐に戻り
アグリコアワイナリーへ
雪を使っての雪中貯蔵庫で熟成をしているワイナリー
運転手の私は味見厳禁
友人にお願いしました

雲蝶 092

2010年のメルローワインとこの樽入りお菓子を購入
入れ物欲しさに購入してしまいました

ワイナリーに併設しているレストランで遅いランチ
ピザとパスタとサラダとデザート 2名分のコースを三人で食べました
美味しかった

帰りは1時間繰り上げて
4時26分の新幹線で帰宅
楽しい雲蝶を巡る旅でした

おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)