窯たき体験

連休に群馬の倉渕へ
息子と高崎駅で合流

ランチは陶器とコーヒー豆が買える「大和屋」へ
別館のレストランでパスタランチをいただきました

高崎 001

コーヒーは秋珈琲
ケーキはきなこ味です
とっても美味しい
息子のお気に入りの店です

高崎 004

大和屋の店舗内を散策し
無料コーヒーをいただいたカウンターの後ろでは
大きな石臼がコーヒー豆を挽いています
とっても良い香り

国道409号線を草津方面へ
倉渕町水沼へ向かいます

高崎 007

クラインガルデンという貸し農園の端に
私が通っている陶芸教室の窯があります
いざ窯たき体験に挑戦

高崎 005

これは穴窯です
全て先生方の手作り
現在の窯の内部温度は1100度

高崎 010

窯の扉を開けると 凄く熱いしまぶしくて直視できないくらいです
この温度を最終日までに1350度ぐらいまであげるそうです
私の作った 水差しも中で頑張っています
10分おきぐらいに松の薪をくべます
温度計をみて扉を開けて
薪を8本ぐらい 投げ込むのではなく 少し先に置く感じ
でもスピーディに
すぐに扉を閉めて
温度はいったん下がりますが
窯鳴りがして
煙突から炎が見えて

高崎 008

温度が上がり 下がり 又上がって
そこから1度下がったら また薪をくべます
その繰り返しを11/1に窯入れしてから
先生方は寝ずの番をして繰り返しています
その繰り返しで
温度が1200度まで到達しているのです

薪をくべるときは
できるだけ窯の前に身体を置かない
横から入れる
服装は綿のエプロン
化繊では溶けて危険です

窯の周りはとっても暖かい
心地良い空間です
夕食はバーベキュー

高崎 009

とっても久しぶり
ワインもたくさん飲みました♪
夜も更けた頃
いざ私も窯たき体験
軍手をして皮手をして
扉を開けてもらい
8本くべるのがやっとです
熱~
肌が焼けるのがわかります

夜は快適なロッジと貸し布団で休息
6時に目覚め
遅番のかたと交代交代で窯たき
ちょっと慣れてきたかも
朝食を食べて
薪割り体験

高崎 011

チェンソーで丸太をカット
抑えるのに力がいるわ~

高崎 013

丸太を割るのは薪割り機
挟んで圧力をかけ 裂いていく感じです
節があると裂きにくく
なかなか大変!!
斧で薪割りは古いのね
1年寝かした薪を窯たきに使います
割ったばかりの薪はまだみずみずしいです

ランチは小さい窯で焼いたピザ
美味しい♪
相間川温泉でゆっくり入浴し
窯と別れ
高崎駅で夕食を食べて帰宅

楽しかった窯たき体験でした







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)