水差し完成

昨日 群馬の窯で焼いた
水差しをいただいてきました

水差し1

何の柄も無かった生地が窯で焼くと
さまざまな景色が生まれます
窯って凄い!!
蓋の上に溜まっているのは赤松の灰です
溶けて釉薬になったのです
灰がかぶりすぎて 蓋が外れなくなりましたが
先生が上手に振動を加え 外してくれました
良かった♪

大事に大事に持ち帰り
無事 自宅に到着
まずは床の間へ飾りました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)